FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※台風(たいふう)に気(き)をつけてください!

現在(げんざい)、朝来市(あさごし)では、台風(たいふう)が 近(ちか)づいています。

朝来市(あさごし)のHPに、防災(ぼうさい)ガイドを 載(の)せています。
一度(いちど)、確認(かくにん)してください。

※下(した)の、青(あお)い文字(もじ)を 押(お)して、確認(かくにん)してください。

外国人(がいこくじん)向(む)け 生活(せいかつ)&防災(ぼうさい)ガイド
↑英語、中国語、タガログ語、ベトナム語、タガログ語あり

朝来市防災(あさごしぼうさい)ガイド
↑避難(ひなん)する場所(ばしょ)が 書(か)いてあります。ただし、現在(げんざい)は日本語(にほんご)のみ

多言語生活情報(たげんごせいかつじょうほう)
↑たくさんの国(くに)の言葉(ことば)で、生活(せいかつ)の情報(じょうほう)があります。
台風(たいふう)の説明(せつめい)もあります。
スポンサーサイト

【8月12日~13日】ひょうご海外研修員を受け入れました。

8月12日~13日に、朝来市で「ひょうご海外研修員」の受入を行いました。

ひょうご海外研修員とは、「兵庫県の友好州省をはじめとする諸外国から優秀な青年を研修員として受入れ研修機会を提供することにより、課題解決型の交流を促進する」といったものです。詳細はひょうご海外研修員概要 (←クリックで飛びます)をご覧ください。

今回受け入れたのは、フランス人2名(ギョーム・ベルナール氏、マキシム・シャマランド氏)、ロシア人1名(イワン・スハノフ氏)、そして引率として兵庫県フランス人CIR1名(リオネル・アカ氏)の、計4名。

朝来市には、現在フランス人CIRのポリーヌ氏が勤務していることもあり、朝来市役所でのポリーヌ氏の仕事の紹介や、フランスに縁のある生野銀山や観光名所となっている竹田城跡などを案内しました。

◆朝一の市役所のラジオ体操・朝礼体験!
0813ひょうご国際研修員1

◆ポリーヌ氏の朝来市での仕事説明中。
0813ひょうご国際研修員2

◆ASAGOオリンピック開催。種目は「腕相撲」露西亜VS日本<(`^´)> 結果はいかに……!?
気になる続きは朝来市公式youtubeチャンネルパ・ピ・プ・ペ・ポリーヌ (←クリックで飛びます)で公開予定です。どうぞお楽しみに(*^_^*)
blog4.jpg



...。.☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。.。.。....


朝来市で過ごした感想を、研修員3名に伺いました。

■朝来市は綺麗な町で、面白い城跡がありますね。 自然があふれる町ですごく気持ちよかったです。竹田城跡は、私が行ったときはちょっと状態が悪いようでした。生野銀山は英語の説明もあり、すごく面白いところでした。ただ、市内を観光するには車やバスがないと移動が難しそうですね。今度はもっとお寺を見てみたいです。本当に、ありがとうございました。(G)

■朝来市の旅はすばらしかったです。竹田城跡に登ったら、すごく美しい景色が見れます。自然と文化のあふれている町が大好きです。(M)

■朝来市は自然のある場所で、すばらしい山の景色が見れます。生野銀山と竹田城跡はよかったです。また、私たちを歓迎をして頂き、本当にありがとうございました。すごく良い思い出ができました。(I)


またぜひ、朝来市に遊びに来てくださいね!




2014.01.18【梁瀬自治協議会主催・餅つき体験】に参加しました。

 1月18日(土)、朝来市山東町にある梁瀬自治協議会主催の餅つき会に、あさご日本語教室から一部の学習者、支援者が参加しました。この餅つき会は、梁瀬自治協議会などで活動されている地域の皆さんが中心となり、朝来市近郊に住む外国出身の方に餅つきを体験してもらうというものでした。

 朝来市以外のALTや在住外国人の皆さんも参加され、飛び交う言葉も英語と日本語が半分ずつ…といった、まさに地域で国際交流を楽しむ場にもなりました。

 それでは、当日の様子をどうぞ。↓

▼はじめに、「餅つき」のレクチャーをしてもらいました。今回の参加者は日本語がだいたいわかる人が多く、日本語での説明でしたがスムーズに進みました。
【餅つき3】レクチャー

▼いざ実践!
【餅つき5】体験1

▼息を合わせて、力強く。
【餅つき6】体験2

▼だんだん様になってきました。
【餅つき7】体験3

▼掛け声をかけながら…
【餅つき8】体験4

▼つきたてのおもちを丸めます。
【餅つき9】体験5

▼丸餅完成!とてもきれいにできました。
【餅つき2】まる餅

▼あんこ、きなこ、大根おろし、ピザ。おもちア・ラカルト♪
【餅つき1】おもちアラカルト

▼お待ちかねの試食。どれが一番人気だったでしょうか?
【餅つき4】試食


 お餅を食べる機会はあっても、なかなかお餅を「つく」という機会は少ないですね。今回、こうした場を設けて頂いた梁瀬自治協議会のスタッフの皆様方、本当にありがとうございました!

 今後も、こうして教室を飛び出して、地域主催・地域参加型のイベントなどにも参加していければと思います。


「外国人児童生徒にかかわる就学支援ガイダンス」が開催されました。

去る7月22日(日)に、朝来市ささゆりホールで
「外国人児童生徒にかかわる就学支援ガイダンス」
が開かれました。

これは、外国から日本へやってきた児童生徒が、主に高校進学に対してどのように対処すべきかを紹介したものです。
参加者には、朝来市近郊から外国人児童生徒とその親、教育関係者、そしてあさご日本語教室からも一部外国人学習者と日本人ボランティアの方々が出席されました。

就学支援ガイダンス5

就学支援ガイダンス2

*****

ガイダンスでは、高校進学の紹介以外にも、【日本家庭や学校での生活について】、【多文化共生サポーターについて】などなど、4名のパネリストの皆さんがそれぞれの実体験に基づき、様々な事例と課題を発表してくれました。

就学支援ガイダンス4
↑ 左から、県立和田山高等学校の生徒さん(フィリピン出身、来日5年目)/多文化共生サポーターさん(来日16年目)/和田山中学校の先生/豊岡市国際交流協会事務局長さん


どのパネリストさんのお話も興味深く勉強になりましたが、特に和田山高校の生徒さんの話には感心させられた参加者も多かったのではないでしょうか。

日本に来た頃にはまったく言葉も文化も習慣もわからなかったと言いますが、現在は和田山高校に受かり在籍し、更に簿記検定やプログラミングの資格をとる為に頑張っているという姿…。

この5年間、どれほどの苦労と努力をされてきたのかと思うと、本当に頭が上がりません。まだまだ若い生徒さん、これからの将来が楽しみですね。

*****

さて、朝来市内も、最近では小中高校生の外国人児童生徒が、増えてきています。

教育委員会、学校、多文化共生サポーターと、兵庫県の外国人児童生徒への支援は全国的にも手厚い方であると思います。しかし、それでも朝来市のような田舎では、特に外国籍の家庭と地域の住民の繋がりが重要になってきます。

当協会やあさご日本語教室でも、どのようなかたちでの支援が可能か、これから考えていく必要がありそうですね。


参加された皆様、お疲れさまでした!

「外国人児童生徒にかかわる就学支援ガイダンス」のお知らせ

ガイダンスのお知らせです。


「外国人児童生徒にかかわる就学支援ガイダンス」

【内容】
高校進学、また日本の学校へ進学を考えている外国人児童生徒への相談、就学ガイダンス

【対象者】
兵庫県に在住する外国人児童生徒、保護者、担任の先生、就学支援に関心がある方

【会場】
朝来会場 2012年7月22日(日)13:00~16:00/あさご・ささゆりホール

☆申し込み方法など、詳しくはこちら
「外国人児童生徒にかかわる就学支援ガイダンス」

【問合せ先】
兵庫県教育委員会子ども多文化共生センター(TEL:0797-35-4537)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。