FC2ブログ

「外国人児童生徒にかかわる就学支援ガイダンス」が開催されました。

去る7月22日(日)に、朝来市ささゆりホールで
「外国人児童生徒にかかわる就学支援ガイダンス」
が開かれました。

これは、外国から日本へやってきた児童生徒が、主に高校進学に対してどのように対処すべきかを紹介したものです。
参加者には、朝来市近郊から外国人児童生徒とその親、教育関係者、そしてあさご日本語教室からも一部外国人学習者と日本人ボランティアの方々が出席されました。

就学支援ガイダンス5

就学支援ガイダンス2

*****

ガイダンスでは、高校進学の紹介以外にも、【日本家庭や学校での生活について】、【多文化共生サポーターについて】などなど、4名のパネリストの皆さんがそれぞれの実体験に基づき、様々な事例と課題を発表してくれました。

就学支援ガイダンス4
↑ 左から、県立和田山高等学校の生徒さん(フィリピン出身、来日5年目)/多文化共生サポーターさん(来日16年目)/和田山中学校の先生/豊岡市国際交流協会事務局長さん


どのパネリストさんのお話も興味深く勉強になりましたが、特に和田山高校の生徒さんの話には感心させられた参加者も多かったのではないでしょうか。

日本に来た頃にはまったく言葉も文化も習慣もわからなかったと言いますが、現在は和田山高校に受かり在籍し、更に簿記検定やプログラミングの資格をとる為に頑張っているという姿…。

この5年間、どれほどの苦労と努力をされてきたのかと思うと、本当に頭が上がりません。まだまだ若い生徒さん、これからの将来が楽しみですね。

*****

さて、朝来市内も、最近では小中高校生の外国人児童生徒が、増えてきています。

教育委員会、学校、多文化共生サポーターと、兵庫県の外国人児童生徒への支援は全国的にも手厚い方であると思います。しかし、それでも朝来市のような田舎では、特に外国籍の家庭と地域の住民の繋がりが重要になってきます。

当協会やあさご日本語教室でも、どのようなかたちでの支援が可能か、これから考えていく必要がありそうですね。


参加された皆様、お疲れさまでした!
スポンサーサイト



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR