FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本語支援のための講習会~基礎入門からブラッシュアップまで~」を開講しました。

先日、12月16日(日)に、朝来市和田山公民館で「日本語支援のための講座~基礎入門からブラッシュアップまで~」を開講しました。

この講習会では、日ごろ日本語支援を行っているボランティア支援者を始め、日本語の支援に興味がある方々が参加して、日本語支援のノウハウを基礎から中上級指導まで幅広く学びました。

今回は、朝来市と養父市から現在活動している支援者さんを中心に、15名の日本人の方が参加されました。
午前中の11時から始まり、午後17時までみっちり受講しました!



*.*.*.*.*.*.*.*.*.



▼本講座の講師を務めて頂いた、矢谷久美子氏。朝来市も、2年前に一度日本語支援の関係でお世話になっています。笑顔がとっても素敵な先生です!
1216講習会1


▼講座のはじめには、当協会会長(兼朝来市教育長)の垣尾会長から挨拶を受けました。あさご日本語教室で支援している支援者にとっては、最近ではお馴染みの顔合わせとなりました。
1216講習会2


▼午後からは、実際に簡単なワークショップなども行いました。日本語能力とは、ただ日本語の単語を知っている、読解能力がある、というだけでは成り立ちません。そのことを支援者自身が知るよい機会となりました。(※日本語能力のバランスについては、下記に記載)
1216講習会3


▼皆さん真剣に、そして積極的に受講されています。こうした支援者の皆さんに支えられ、日本語教室は活動しています。現在も支援者、学習者は随時募集中。どうぞお気軽に事務局までお問い合わせください。
1216講習会4



*.*.*.*.*.*.*.*.*.



以上でも言いましたが、外国人の日本語能力を判断するとき、ただ「日本語の語彙を知っている」「読解、聴解ができる」ということだけが重要なのではありません。

「日本語ができる」ということは、次の4点のポイントが全てバランスよく備わっていることを指します。

------------------------
1.社会言語能力……社会で、普段の生活で、その場にふさわしい日本語を使える能力 
(例)あいさつ/朝ならおはよう、昼ならこんにちは 等

2.語用能力……「談話能力」とも言う。会話を進める上で必要な〝流れ″(段取り)を理解し引用できる能力 (例)物事を頼むときの流れ/前置き「すいません」→本題→…… 等

3.ストラテジー能力……会話を破たんさせないように、なんとか成立させようとする能力
(例)会話の中でわからない言葉、表現に対して、聞き返したり確認する

4.文法能力……基本的な文法、「語の知識」を持ち、それを運用できる能力
------------------------


…以上の4点が、日本語能力を測る上で必要な事項と言われています。

私たち日本人は、特に日本語の「文法能力」が優れていれば、この外国人は日本語が出来るなあ、と思いがちです。もちろん、文法がしっかりできることは素晴らしいことです。しかし、文法能力がいくら高くても、実際のコミュニケーションに置いて的確に使用できなくては、宝の持ち腐れです。


コミュニケーションを取ることは、日本人同士でも時には難しいことです。
日本語は回りくどかったり、話の前置きが長かったり、外国人からすると「面倒」な点もあるのですが、
この点を少しでも上手にクリアできれば、日本での生活は、よりスムーズに摩擦なく進めることができるでしょう。


日本語支援は、学んでも学んでも新発見がたくさんあります。
今回の講習会でも、様々な知識やノウハウを得ることができたのではないでしょうか。



講習会に参加された皆さん、本当にお疲れさまでした!
今後のそれぞれの活動に、ぜひとも活かしていきましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。